先月の7月13日・7月14日と、クリエイティブマン主催の「NEW BLOOD」にて初の日本ツアーをおこなったWAKING ASHLAND。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが、彼らもこの2日間だけ日本に滞在していたわけではありません!7月12日〜7月17日までの6日間、がっちり日本を満喫して帰っていきました! 初めて海外にいくメンバーが殆どで、且つ、こんなに若いメンバーが6日間も日本にいたら、面白いことが起きるのも当然。男前な外見からは想像できないオモシロ裏話〜感動秘話まで、彼らの日本で充実した6日間を余すとこなく!2回に分けて、日記形式で後悔していこうと思います!「えっ〜??そんなことあったの?」と驚くもよし、「おい!それ俺のことじゃねーか!」と思い出に浸るもよし、初来日公演を見れた人も、見れなかった人も、是非!楽しんでください!
それではまず、7月12日〜7月14日までの前編をどーぞ!

前編(7/12〜7/14) / 後編(7/15〜7/17)

7月12日(火)

メンバーの到着時間の1時間前に、まずはマネージャーが到着。メンバーとは到着ターミナルが違うため、今後のスケジュールを確認しながら第1ターミナルへ移動し、到着口で待つこと40分…(なかなか出てこなくてマジ焦りました)。様々な国の人達が行き交う中、明らかに周囲の旅行客とは違う雰囲気を漂わせる4人組が!WELCOME JAPAN!無事到着です!WAKING ASHLAND!でも、かなりお疲れの様子…。
まぁ、昨日までアメリカでライブを行っていて、そのまま12時間も飛行機に揺られてきたのだから当たり前と言えば当たり前ですが…。でも、そんな疲れも成田エクスプレスから日本の景色が見えてきた途端に吹っ飛んだようで、コカ・コーラの看板を見て、「この中でコカ・コーラ党の人〜?俺はペプシコーラ党だぞ!」とか(子供みたいですね…)、「おいおい!見てみろよ!KIMONO(外人風に)着てる人がいるぜ〜!」とか、初めて見る日本の景色に大はしゃぎ(コーラの看板はアメリカの方が多い気もするけどね…)。そんな中ジョナサンから、「PARKER THEORYのジェシーがヨロシクって!」とのメッセージが。彼らは地元で一緒にライブをやる機会が多いようで、ジェシーは今回のWAKING ASHLANDの来日をかなり羨ましがっていたようです(笑)。頑張ってPARKER THEORYも呼んでやらねば!


ホテル到着は19時過ぎ。「今日は長旅で疲れてるだろうから、ゆっくり休んで!」ともいかず、チェック・インを済ませ、ジョナサンとトーマスはロッキンオン誌のインタビューへ(ライアンとアンディはベットに直行でした。が!ライアンかなり体調悪そうです。風邪が悪化し、口・喉に口内炎が出来てしまったようで(口内炎でいいのかな?熱が出るとよく唇とかにできるアレです)、喉が痛くて何も食べ物が通らないそう…。ベット直行組み同様、二人とも相当疲れていたはずですが、ロッキンオン社が近づくにつれ徐々にテンションも上がってきたようで(特にジョナサン)、かなり熱いインタビューとなりました。詳しくはロッキンオン8月1日売り9月号を見て欲しいのですが、ジョナサンの口から「TRUE LOVE」と、かなりくさいコメントも飛び出し、思わず赤面する場面も!(何についてのコメントかは、インタビューを読んでくださいね!)
インタビュー後、「ご飯食べに行く?」と誘ったものの、二人の疲れもピークに達していたようで、この日はコンビニで軽く食料を買い込み就寝…ZZZ…彼らにとって最高の日本ツアーになりますように…ZZZ…。…ライアンの体調が心配だなぁ…ZZZ…。

ジョナサンきめすぎ! 俺たち誰だ〜? 左がマネージャーさんです

7月13日>>