spacer.gif header.jpg spacer.gif
DISTRO

The Legion Of Doom(ザ・レジオン・オブ・ドゥーム)

BAND名:OVUM(オーヴァム)
タイトル:under the lost sky. ep(アンダー・ザ・ロスト・スカイ)
品番:PLRD-1001
Label:Paradise Lost Records

インストゥルメンタル・ロック・バンド!新時代到来!
Sigur Ros、Saxon Shoreを思わせる優美な感覚と、Mogwai、Godspeed You! Black Emperor級の
ストイックなまでの実験精神を融合させる、最強のインストゥルメンタル・ロック・バンド!

ポストロック界に新風を巻き起こす初音源!上陸!

spacer.gif

◆ドラム、ベース、2本のギターからなるインストゥルメンタル・ロック・バンド。 即興、不協和音的ノイズを最大限まで排除し、あくまでも作曲によって鳴り響くアンサンブルから浮かび上がってくるのは、繊細に紡ぎだされたメロディーと美しき音像・・・。
その音楽は言葉を持たないが、優しく、時に凶暴な音塊となって感情に訴えかける。
◆Aphex Twinを思わせる放牧的な音色が、様々な情景を描き出す「bell」。彼等の十八 番で心地よい轟音が聴く者の聴覚を超えて訴えかけてくる「 fantastic madness 」。坂本龍一ミーツ人力エレクトロニカとも言える「snowflake butterfly」。まるで交響曲を聴いているかのような感覚に陥るほどの、美麗な流れを持った「where the sky meets you」と、ポストロックの可能性を押し広げる楽曲が揃い踏み!


M-1: bell M-2: fantastic madness
M-3: snowflake butterfly M-4: where the sky meets you



The Legion Of Doom(ザ・レジオン・オブ・ドゥーム)

BAND名:THE VOOM BLOOMS(ザ・ブーム・ブルームス)
タイトル:anna(アンナ)
品番:FBI-003
Label:FEATURE RECORDS

The Strokes や The Libertines を思わせる危険な香りのするロックンロールへの美学と、
Bloc Party や The Raputure 等に通じる、ダンスミュージック的ミニマリズムを
融合させる 4人組!Razorlight の作品であまりにも有名なジョン・フォーティスと
作り上げた本作で、UKギター・ロック史に金字塔を打ち立てる!

spacer.gif

◆The Libertines meets Bloc Party!?現代に蘇ったThe Clashか!?The Strokes以来の
 「ギター・バンドによるギター・バンドの為のビッグ・ウェーブ」を巻き起こす可能性を秘めた、ロックの神に選ばれし4人組!
◆UK Fiction/Polydorからリリースされた途端、即効で完売し、今では幻となった1stシングル「Politics & Cigarettes」、
 UKで限定リリースされた7インチ2ndシングル「anna」、そしてアルバム未収録の「The London heads」


M-1: Anna M-2: London Heads
M-3: Politics and Cigarettes  



The Legion Of Doom(ザ・レジオン・オブ・ドゥーム)

BAND名:The Legion Of Doom(ザ・レジオン・オブ・ドゥーム)
タイトル:Incorporated(インコーポレイテッド)
品番:TLOD001
Label:FEATURE RECORDS

Taking Back Sunday、My Chemical Romance、The Get Up Kids、Funeral for a Friend、
Senses Fail、Thursday、Dashboard Confessional、KRS ONE!? etc・・・
EMO/SCREAMO/PUNK界のスターが終結した、夢のMASH UP!

spacer.gif

◆「Taking Back Sunday vs Senses Fail」や「The Get Up Kids vs Thursday」、
 「Dashboard Confessional vs Brand New」、「My Chemical Romance vs A Static Lullaby」、
 「Saves the Day vs Funeral for a Friend」といった超有名バンドものだけでなく、
 「Every Time I Die vs Norma Jean featuring KRS ONE」といった、HIP HOP界のスターまでをも巻き込んだ
 スペシャル・マッシュ・アップの数々は、間違いなく世界発!!
◆しかも、本作を手掛けるのが、 THE GET UP KIDS、FACE TO FACE等の作品で有名なChad Blinmanと、
 FACE TO FACEのフロントマンにして、VAGRANT RECORDS作品のプロデュースも数多く手掛けるTrever Keithの二人
 なのですから、選曲にもハズレがあるはずがありません!!


M-1: I Know What You Buried Last Summer
(Taking Back Sunday vs Senses Fail)
M-2: Dottie in a Car Crash
(The Get Up Kids vs Thursday)
M-3: The Quiet Screaming
(Dashboard Confessional vs Brand New)
M-4:Dangerous Business Since 1979
(Underoath vs mewithoutyou)
M-5: Stupid Kill
(Thrice vs Alkaline Trio)
M-6: Destroy All Vampires (My Chemical Romance vs A Static Lullaby (featuring Triune)
M-7: At Your Funeral for a Friend
(Saves the Day vs Funeral for a Friend)
M-8: Lolita’s Medicine
(From Autumn to Ashes vs Dead Poetic)
M-9: Icarus Underwater
(Armor for Sleep vs Hopesfall (featuring Planet Asia)
M-10:Ebola in Memphis
(Every Time I Die vs Norma Jean (featuring KRS ONE)
M-11: Devil in a Blue Dress
(Coheed and Cambria vs Senses Fail)
M-12: A Threnody for a Grand
(Atreyu vs It Dies Today)
M-13: My Holiday Burn
(The Get Up Kids vs Matchbook Romance)
M-14: Hands Down Gandhi
(Dashboard Confessional vs Sage Francis)



SUBKICKS (サブキックス)

BAND名:SUBKICKS (サブキックス)
タイトル:Fear (フィア)
品番:FBI-002
Label:DIRTY MUSIC

The MusicやKasabianをも凌ぐ、史上最強のグルーヴ・ロッカー集団参上!
大地を揺るがすグルーヴと、メランコリーに満ちたメロディーを融合させ、メンバー全員21歳という若さで、ロックンロール・スターへの階段を登り始めた、SUBKICKS!!
世界中のロックシーンを歓喜の渦へと巻き込む!

spacer.gif

◆2004年にRADIO 1の名物DJ、スティーブ・ラマックに見出されて、
 EMI、Islandからリリースしてきたシングルは共にスマッシュ・ヒット!
 Kasabian、The Music、The Departure、The Editorsといった大物バンドとも次々と共演を果たしてきた彼等こそが、
 UKロックシーンの“Next Big Thing"だ!
◆The Smiths、Idlewild等を手掛けてきたガヴィン・モナハムプロデュースによる、フロア・キラーな
 「Fear」「Just Another Stranger」に、シングル限定の「Sink or Swim」の3曲編成で、
 頂点に君臨するKasabianを一気に引きずり下ろす!!


M-1: Fear M-2: Just Another Stranger
M-3: Sink or Swim  



I Was In The Small Circle (アイ・ワズ・イン・ザ・スモール・サークル)

BAND名:aie(アイエ)
タイトル:I Was In The Small Circle (アイ・ワズ・イン・ザ・スモール・サークル)
品番:MBL-001
Label:MASTER BUILDERS LABEL

シーンから大きな期待を寄せられながらも、初音源完成と同時に解散を表明した、
伝説のハードコア・バンド“Factor 2 Grace”の面々達が、新たにex-UNDERDRIVEの
大屋 努をヴォーカリストに迎え、aieとして再始動!

BUDDHISTSON、SIGUR ROS、COPELAND等に通じる美メロと、
ENVYやMOGWAI、AT THE DRIVE IN等を思わせる激情が核融合!
日本のインディーズ・シーンは、また一歩、世界に向って歩み寄ります!

spacer.gif

◆前身バンド“Factor 2 Grace”は、初音源にしてラスト作となった「the last note」発売直後に、
 日本最大のパンク系オンラインサイト“STM online”のJAPANESEチャート1位を獲得。
 「日本のハードコア・シーンを変えるバンド!」と絶賛された伝説のバンド!
 そんな彼等の新たなスタートとも言える“aie”も、もちろん全曲英語詞!&全曲世界水準サウンドが満載です!
◆Factor 2 Grace時代から海外を視野に入れての活動が盛んだった彼等が、海外流通盤となる本作の国内流通開始と共に、
 日本のパンク/エモ/ハードコア・シーンに地殻変動を起このは間違いない!


M-1: nicolai's place M-2: kill me not kill me
M-3: before I wake up  



A SINGLE FEW(ア・シングル・フュー)

BAND名:A SINGLE FEW(ア・シングル・フュー)
タイトル:You Know You Want It (ユー・ノウ・ユー・ウォント・イット)
品番:FBI-001
Label:MAPL

WEEZER ミーツ THIRD EYE BLIND!?
近年US・日本のシーンを席巻している北米ロックの秘境カナダから
彗星の如く現れた平均年齢僅か19歳の4人組、A SINGLE FEW!!
瑞々くエネルギッシュなオルタナティヴ・サウンドを継承しつつも、
問答無用にポップセンス溢れるメロディーで、
息絶えるまで踊り狂うパーティーに日本中を引きずり込む!!

spacer.gif

◆“カナダのネクストWEEZER”“次世代THIRD EYE BLIND”と称され、カナダ西海岸で絶大な影響力を誇るFM局、
 THE FOX 99.3でM-2「Waiting」がNew Rock Artist Pick Upでへヴィーローテーション展開!
◆「WEEZERをよりエネルギッシュに、Third Eye Blindをよりアッパーにしたかのような彼らのステージは、
 全ての観客を力尽きるまで踊り狂わせる」(某オンライン・レビュー誌)
◆M-8「Unpredictable」がTHE GREAT AMERICAN SONG CONTEST 2005にて、ロック/オルタナティヴ部門グランプリ受賞!
 急速に全米中の注目を浴びている超ド級新人、日本初上陸!


M-1: Have You seen Her M-2: Everybody’s Crazy
M-3: Cliche’ M-4: Waiting
M-5: Oceanside M-6: Good To Go
M-7: Vanessa M-8: Unpredictable
M-9: Enemy M-10: Some Part Of Me
M-11: Goodnight & Thanks For Coming  



spacer.gif spacer.gif
THE DIGGS(ザ・ディグス)

BAND名:THE DIGGS(ザ・ディグス)
タイトル:Commute(コミュート)
品番:SS-002
Label:sugarspun records

Sonic YouthとBrit Popが化学反応!?
ニューヨークはブルックリンから3人組ニューフェース
”The Diggs“が鮮烈デビュー!!

spacer.gif

◆2004年終盤からマンハッタンにて50本を越えるライブ・シリーズを経て、
「ニューヨークに隠された宝物」とまで言われたThe Diggsからデビューアルバムが到着!
◆辛口で知られるニューヨークの各ローカル紙ライター陣をうならせた、Stone Rosesを彷彿とさせる音楽性!
◆M-9「Trouble Every Day」に代表されるポップロック・バラードは世代を超え、愛され続けていくであろう珠玉の名曲!


M-1:It's Just Like You Say M-2:Everyone's Starting Over
M-3:Stagg M-4:Faith in Strangers
M-5:Minimum Safe Distance M-6:You Don't Listen to Music
M-7:Sibling M-8:Massachusetts
M-9:Trouble Everyday  


spacer.gif spacer.gif
THE STARRS(ザ・スターズ)

BAND名:THE STARRS(ザ・スターズ)
タイトル:Silhouette(シルエット)
品番:SO-01
Label:Sold-Out records

アメリカはウィスコンシン州アップルトン発!
Kung-Fu Recordsのレーベルメイト、Atarisを凌ぐ才能と評された
伝説のバンドAntifreezeの正式継承者!
今、新たな伝説が始まる!The Starrsのデビューアルバム登場!

spacer.gif

◆Fall Out Boy、Yellowcard、The Starting Line、Story of the yearのオープニングアクトや、
 Sum-41、Ataris, Mxpxのツアーサポートを務めたAntifreeze中心メンバーにより結成!
◆M1:whatever it taksやM3:gonna take timeのような、厚みのあるサウンドをベースに、紡ぎ出された普遍のメロディは圧巻!  Antifreezeでは成し得なかったモダンロック/オルタナティブ・サウンドがシーンに新たな風を吹き込む!


M-1:whatever it takes M-2:Never Satisfied
M-3:Crossed your mind M-4:gonna take time
M-5:Just like Jehnny M-6:Just the Way she planned
M-7:Dear Heather M-8:Lie to Me
M-9:Throw it Away M-10:January Days
M-11:Last Goodbye