FABTONE RECORDS コンテンツ
BIOGRAPHY

The SailsThe Sails

Revolver Recordsより2枚のアルバムを発表し、Kula Shaker、Travis等と共に注目を集めながらも、惜しまれつつ解散した"Epic"の中心人物、マイケル・ガリアーノ(Vo/Gt/Ba/Dr)率いるThe Sails。

ガイ・マッシー(The Beatles、Manic Street Preachers)、ニック・ブライン(Oasis、The Beta Band)と共に様々な作品に参加し、ミュージシャン/エンジニアとしても輝かしいキャリアを持つ彼の、The Beatles、Phil Spector、The Jam等からの影響を完璧に吸収&再構築したポップ・センスは、2006年6月にRainbow Quartz Recordsよりリリースされた「The Sails」で、多くのメディアから「The Byrds、Teenage Fanclub、The Beatlesの継承者」と絶賛されたことでも実証済みだが、9ヶ月という短いスパンでリリースされる「現時点のベストと言える楽曲をセレクトした」という本作には、それを軽く凌駕する無限の可能性が秘められている。

FUJI ROCK 2003に、The Beatlesのカバー・バンド"The Battles"の一員として参戦したという奇妙なキャリアを持つ彼が、偉大なメロディー・メーカー達と肩を並べ、世界の舞台へと羽ばたいていく日は、そう遠い話ではないのかもしれない。


DISCOGRAPHY

The Sails / 「Drum Roll Please」

The Sails / 「Drum Roll Please」
(ザ・セイルズ/ドラム・ロール・プリーズ)

音楽への底なしの愛と、偉大なソングライター達への挑戦状…。

2007年3月7日/FABC-043 ¥2,100(税込)
全14曲(日本盤ボーナストラック1曲)収録
※解説・歌詞・対訳付

21世紀最高のソングライターの一人として、UKロックの歴史にその名を刻むであろう、マイケル・ガリアーノ率いる夫婦ユニット!究極のポップ・アルバムと共に、行進開始!


1.Best Day  2.See Myself 
3.Chocolate  4.Lets Get Started 
5.Yesterday and Today Pt 1 6.Peter Shilton
7.Pleasure Bus 8.Liar
9.Dogs 10.The Drunken Love Song
11.Yesterday and Today Pt 2  12.Sorry
13.Beautiful Day 14.Best Day (Sarah Vocals) * 
* 日本盤ボーナストラック