FABTONE RECORDS コンテンツ
BIOGRAPHY

LOCAL BOYS LOCAL BOYS

「現存するバンドの中で最も尊敬するのはOASIS」と公言し、「THE BEATLESが作り上げたメロディーと、RAMONESのパンクロックの精神が俺達の生きる糧だ」と言ってはばからない、スウェーデンの与太者5人組、LOCAL BOYS。

自国は勿論のこと、デビュー前から隣国ドイツでもライブ・ハウスを超満員にする程の人気を誇り、各国の音楽誌は“THE STROKESとギター・ポップの融合”と絶賛。本作のプロデューサーであるスウェーデン音楽シーンの伝説、ビヨルン・オルソンを(OASISのギャラガー兄弟も惚れ込んだ、THE SOUNDTRACK OF OUR LIVES全盛期のソングライター。現在は同バンドを脱退)、「俺をここまで興奮させ、一緒に仕事をしたいと思わせたバンドはいない」と唸らせたそのサウンドには、ロックに必要な危うさと、甘いメロディーが見事なまでに同居している。

MANDO DIAOが失速し始めている今、彼等が“スウェーデンの新たなセンセーション”になるのは間違いない!


 


DISCOGRAPHY

LOCAL BOYS / whattheclockman

LOCAL BOYS / whattheclockman
(ローカル・ボーイズ / ホワット・ザ・クロックマン)

伝説的なガレージ・サウンドと、甘酸っぱいギター・ポップが核融合!?
北欧の与太者たちが掻き鳴らす、愛と情熱のロックン・ロール!!

2006年8月2日/FABC-027/ ¥2,100(税込)
全15曲(日本盤ボーナストラック2曲)収録
※解説・歌詞・対訳付

スウェーデン音楽シーンの伝説、ビヨルン・オルソンを唸らせた、
ロックに必要な危うさと、甘いメロディーが見事に同居したサウンド・・・。
彼等こそが“スウェーデンの新たなセンセーション”になるのは間違いない!!


1.Masturbate 2.Tokyo
3.Local Boys 4.Mary Secondary
5.Whattheclockman 6.The Money
7.Bad Boy 8.Love Affair
9.Humdrum Toys 10.To Please Myself
11.Wonder Fool 12.Mama
13.Up North 14.Such A Need (Demo Verison) *
15.Beg For You * *日本盤ボーナストラック