FABTONE RECORDS コンテンツ
BIOGRAPHY

Like Yesterday
Like Yesterday
2000年、マーク (vo)、デイヴ (g)、ジョー(dr)の3人は、ACTUAL PROOFというバンドでの活動をスタート。
人力ドラムンベースに幻想的な歌メロが乗るという、独特のスタイルで注目を集めた彼らは、“OFFSHORE RECORDINGS”よりデビューし、 MERCURY LOUNGEを満員にできる程の人気バンドに成長するものの、そこからのワンステップがうまくいかず、 2004年に入る頃には解散寸前の状態に陥ってしまっていた。だが、ある男の登場により彼らに大きな転機が訪れるこ…。
その男が、マークの声に魅了されていたというセヴァ(g)だ。この出会いにより“原点回帰”し、よりロックなサウンドを目指した彼らは、 マークの大学時代(超名門のバークリー音楽大学卒!!)の友人であり、現TAKING BACK SUNDAYのマット(b)を加入させると (元々はローリン・ヒルでプレイしていた技巧派!)、LIKE YESTERDAYとしての活動をスタート。
地元ニューヨークでTHE WALIKMENやHONORARY TITLEのようなバンドと共演しながらも、 MY CHEMICAL ROMANCEやMIDTOWNのようなパンク・エモ系バンドともステージを共にするという、 対極にあるシーンのど真ん中をいくサウンドは瞬く間に注目を集め、マライア・キャリーからEVE 6までジャンルを超えて活躍する名プロデューサー、 ブライアン・マルーフの立ち上げた“BANDHA RECORDS第一弾バンド”として契約、マネージメント会社もTHE USEDやHAZEN STREET等が 所属する“FREEZE MANAGEMENT”へ移籍と、怖くなるくらいに全てが順調に整う中、2005年7月。世界に先駆け日本でビューを果たす。
初期RADIOHEADを思わせるギターサウンドに、NY独特の退廃的空気感とUKロックの叙情性を兼ね備えたメロディ。
僕らが長年待ち焦がれていたギターバンドが遂に姿を現す…。

DISCOGRAPHY

Like Yesterday /「More Courage Than Most 」
(ライク・イェスタディ/モア・カレッジ・ザン・モスト)

この美しさに、いつまでも溺れていたい…。
90年代UK叙情派ロックの芽が、アメリカで本当に発芽する瞬間!!

2005年7月6日/FABC-011/ ¥2,100(税込)
全10曲収録(日本盤のみエンハンスド使用ライブ映像3曲収録)
※解説・歌詞・対訳付

NYのインディーシーンで確固たる地位を築きながら、PUNK・EMOシーンの大物バンドからも熱烈なラヴコールを受け続ける彼ら。
初期RADIOHEADを思わせるギターに、NY独特の退廃的空気感とUKロックの叙情性を兼ね備えたメロディがどこまでも絡んでいくサウンドは、
きっとあなたが長年待ち焦がれていたあのサウンド…。ギターバンドは終わらない!


1.When You Come Over 2.We Don't Belong
3.Courage 4.7 Days (in L.A.)
5.Just In Time 6.Again
7.These Days 8.Landslide
9.Brand New 10.Scar
+CD-EXTRA(LIVE映像3曲収録予定) CD-EXTRA※Just In Time
CD-EXTRA※Courage CD-EXTRA※Again