FABTONE RECORDS コンテンツ
BIOGRAPHY

DRIVE-BY ARGUMENT
DRIVE-BY ARGUMENT
http://www.myspace.com/drivebyargument

 

2004年10月、大学の音楽の授業を通じて出会ったメンバーにより結成されたDrive By Argument。フロントマンのストーク(Vo&Key)による心を揺らすリリックと美声、癖になる絶妙のシンセライン、そしてフロアを揺らすロッキンビートを見事なまでに融合させ、結成後間もない頃からWe Are Scientists、Panic! At The Disco、The Kooks、Orson等の大物バンドと共演を果たしていって彼等は、翌2005年には早くも地元スコットランドのOne Recordsとシングル・ディールを獲得。同年11月にリリースされたデビュー・シングル「Sex Lines Are Expensive Comedy」が、爆発的セールスを記録すると共にニューヨークのホッケー・チーム“New York Rangers”の応援歌として取り上げられたことで、これまでにThe Killers、Santogold、The Pierces等を輩出してきているニューヨークの名門レーベル“Lizard King Records”と契約を交わした彼等は、レーベルの強力なバックアップの下、T In The ParkやDoenload Festival、Secret Garden Party Festival、Rockness Festival等のヨーロッパの大型フェスだけでなく、オーストラリアのFM4 Frequency Festivalにも出演。猛スピーとで新人レースの頂点へ駆け上がっていった。そして2008年7月、昨年リリースされたアルバムからの先行シングル「The Sega Method」のスマッシュ・ヒットで更に知名度を上げた彼等が、待望の1stアルバム「」をリリースする。ex-Apollo 440のハワード・グレイをプロデュースに迎え、The Faint、Bloc Partyのようなフロア向けのロック・ファン〜Panic! At The Disco、Motion City Soundtrack等のパンク/エモ・ファンまでを射程距離内に収める秀逸の楽曲の揃った本作を機に、Drive By Argumentの名は一気に世界中のロック・シーンへ広まっていくに違いない。


DISCOGRAPHY

DRIVE-BY ARGUMENT / Drive-By Argument

DRIVE-BY ARGUMENT / Drive-By Argument

The Killersを輩出した“Lizard King Records”が送り出す、脅威の大型新人!
腰からくるグルーヴを軸に、ニューウェーブ直径のアッパーなシンセと抜群にキャッチーな 歌メロを融合させたハイブリットなダンス・サウンドが一気にシーンの頂点を狙う!

2008年7月2日/FABC-074/ ¥2,100 (税込)
全12曲 (日本盤ボーナストラック1曲)収録
※解説・歌詞・対訳付

ニューウェーヴ直系のシンセ・サウンドと抜群にキャッチーなメロディー。
ダンスもエモも通過したブレイク必然のハイブリット・サウンド!


01. The Sega Method 02. Dance Like No Ones Watching You (Re-Mixed By Alan Moulder)
03. There's Nothing As Epic As Golden Axe 04. Sex Line's Are Expensive Comedy
05. Eye Fish Star Fish Eye 06. How The Trees Sleep
07. Disco Storm 08. Lower Your Pieces
09. We Techno Prisoners 10. Cyclists Run Red Lights
11. Left, Left, Walk Forward, Get On The Dragon※ 12. Dennistoun's That Way※
※Bonus Track For Japan