FABTONE RECORDS コンテンツ
BIOGRAPHY

DIRTY ON PURPOSE DIRTY ON PURPOSE
2002年ニューヨークはブルックリンにて、ジョセフ(Gt&Vo)とジョージ(Gt&Vo)の二人を中心に結成されたDirty On Purpose。そこに、ジョージの友人であるDJ ブードロー(Ba)と、Death in Vegasのリチャード・フィアレスのソロ作や、Peter Bjorn and Johnのツアー・メンバーとして活躍していたダグ(Dr)が加入し、現在のラインナップとなった彼等は、同年9月に初ライブを行って以降、Yo La Tengoを思わせる煌びやかな歌心と、Sonic Youthに通じる孤高のアート感覚、My Bloody Valentineと共鳴するシューゲイズ・サウンドを武器に、Arcade FireやClap Your Hands Say Yeah、Two Gallants、The Album Leafといった人気バンドと次々共演。

2005年9月にNorth Street RecordsよりリリースしたデビューEP「Sleep Late For A Better Tomorrow」では、「Pitchfork」「Alternative Press」「Spin」といった辛口の媒体からR.E.M.〜Sigur Rosまでを引き合いに出される高い評価を獲得し、瞬く間にシーンの最前線へと躍り出ていった。

そして2007年9月、Arcade Fire、Broken Social Sceane以降、世界規模の成功を収めるバンドが現れていないインディー・ロック界に新たな時代の到来を告げるべく、待望の1stアルバムをリリースする。

DISCOGRAPHY

DIRTY ON PURPOSE / Hallelujah Sirens

DIRTY ON PURPOSE / Hallelujah Sirens
(ダーティー・オン・パーパス / ハレルヤ・サイレンス)

孤高のアート感覚と共に鳴らされる、煌びやかな歌声と甘く切ないディストーション・ギター…。

2007年9月19日/FABC-055 ¥2,100(税込)
全13曲収録(日本語盤ボーナストラック2曲)
※解説・歌詞・対訳付

普遍的なポップネスと飽く無き実験精神が見事なまでに融合した 1stフル・アルバムと共に、
インディー・ロックの未来を掻き鳴らす!


01. No Radio 02. Your Summer Dress
03. Lake Effect  04. Light Pollution
05. Car No Driver 06. Always Looking
07. Always Looking 08. Marfa Lights 
09. Monument 10. Kill Our City 
11. Fake Lakes 12. All New Friends *
13. Mind Blindness * *日本盤ボーナストラック