FABTONE RECORDS コンテンツ
BIOGRAPHY

Cigavettes
Cigavettes
http://www.cigavettes.com
山本幹宗(Gu&Cho)、山本政幸(Vo)、戸高亮太(Dr&Cho)、篠崎光徳(Ba&Cho)、小田淳之介(Gu&Cho) 2005年4月、"福岡県城南区は東油山"にて、幹宗(弟)、政幸(兄)の山本兄弟を中心に結成。
"洋楽志向バンド"の一歩先を行くサウンドの詰まったミニ・アルバム「taste of the sun」で、2007年にデビューを果たした彼らは、瞬く間に福岡のインディーロック・シーンでは一目置かれる存在へと成長。
2008年に入ると、CLUB SNOOZER福岡公演にレギュラー出演しながら、6月には自主レーベルより「Out Of The Race EP」をリリース。次第に圏外からも注目を集めるようになり、THE BAWDIES、a flood of circle、 HiGE、The Mirraz、rega、Riddim Saunter、ミドリ等の著名バンドとも次々共演を果たし、2009年3月に、The Mirraz、THE BAWDIES、a flood of circle等と共に参加した「UNDER CONSTRUCTION? rock'n'roll revival from Tokyo!!!?」(cutting edge)を、同月リリースの「Out Of The Race EP」にDVD加えた2枚組で更なる注目を集めた彼らは、同年9月、日本最大のUK ROCKの祭典「BRITISH ANTHEMS @ 新木場STUDIO COAST」にも出演。
(この年には、ギタリスト / メイン・ソングライターである幹宗(山本弟)が、くるりの全国ツアー「くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜」にサポート・ギタリストとして参加し、日本武道館のステージに立つというサプライズも!) 2011年4月、東京へと上京後、初のリリースとなった1stアルバム「The Cigavettes」は、自主レーベルからのリリースにもかかわらず、オリコン・インディーズ・アルバム・チャート初登場5位を獲得し、リード曲「Ready To Leave」は全国8局のFMでパワープレイを獲得。
その注目度の高さをまざまざと見せ付けた。
そして2012年4月、前作から1年というスパンで、リリースされるのが、待望の2ndアルバムとなる本作「We Rolled Again」。
よりソリッドに進化を遂げたバンドサウンド、驚異的なまでにポピュラリティーを上げたグッド・メロディーの数々。
このアルバムをアンセム盤と呼ばざずに、何と呼ぶのだろうか。ここで鳴っているのは、間違いなくロックンロールの未来だ。

Discography(ディスコグラフィ)
フル・アルバム
2011年「The Cigavettes」(KT RECORDS)

ミニ・アルバム
2007年「taste of the sun」(GLOBULE RECORDS)
2008年「Out Of The Race EP」(KT RECORDS)
2009年「Out Of The Race EP」(RESERVOTION RECORDS)

コンピレーション
2009年「UNDER CONSTRUCTION? rock'n'roll revival from Tokyo!!!?」(cutting edge)

DISCOGRAPHY

Cigavettes / We Rolled Again

The Cigavettes / We Rolled Again
(ザ・シガヴェッツ / ウィー・ロールド・アゲイン)

2012年4月4日/FABC-110/ ¥2,400(税込)
全14曲収録


1. Presley Song  2. We Rolled Again
3. She's So Fine (She's Not Fair)  4. (All I've Got To Do Is) Begging You 
5. I Wonder 6. My Old Car
7. My Girl 8. Flux Fiddlers On The Roof
9. Can't Find Memories  10. I Wonder That You're Alone
11. Sweet Memories In To Nightmare 12. Maybe It Goes On
13. Far Away  14. Keep the Customer Satisfied