FABTONE RECORDS コンテンツ
BIOGRAPHY

As Tall as Lions
As Tall as Lions
2002年春。NYのロングアイランドにて、ダニエル・ニグロ(Vo)、ショーン・フィツジェラルド(Gt)、クリフ・サーコナ(Dr)の3人により結成。
音楽で人間の内なる感情を表現することを目指した彼等は、様々な音楽的アプローチを発展させ、
同年夏に自主制作EP「Blood and Aphorisms」をリリースする。このEPが、「90年代パンクを通過したJOSHUA TREE期のU2」やら、
「ブリットポップとクラシックの融合」と絶賛されたことによって知名度を上げると、Bjorkのオンラインチャットルームで出会った
ブライアン・シーザー(Ba)を加入させ(マニアックな出会いだな・・・)、本格的なライブ活動もスタートさせる。
先のEPが話題になっていたこともあり、彼らのライブには、COHEED&CAMBRIAやJULIANA THEORYなどの人気バンドのメンバー達や、
有名レーベルのA&Rが数多く訪れるようになり、ライブを行うごとに様々なバンドからのサポート依頼、レーベルからの契約話が舞い込んでくるようになる。
そして2003年末、BRAND NEWような超ビックバンドから、DEATH THREATのようなハードコアバンドまでもが所属する“TRIPLE CROWN RECORDS”と契約。
JULIANA THEORY、MAE、BRAND NEW、COPELAND等との共演により、バンドとして破格の成長を遂げていた彼らは、Fall Out Boyや
Motion City Soundtrack等を手掛けるショーン・オキーフをプロデューサーに迎え、EMOなんてジャンルには収まりきらない素晴らしいデビューアルバムを
完成させる。アンビエントポップの多彩な音色と、70年代のプログレの創造性、80年代のC-86ムーブメントの静かな情熱。
そして現在の“それほどエモらしくない”ソングライティング。彼らは新しいジャンルを作ろうとしているのかもしれない。

DISCOGRAPHY

As Tall as Lions/LAFCADIO

As Tall as Lions/LAFCADIO
(アズ・トール・アズ・ライオンズ/ラフカディオ)

耳ではなく心に響く。 ここは地上の楽園か!?
The Velvet Teen やCopelandと共に、
EMOをネクストレベルへ押し上げる“A・T・A・L”遂に日本デビュー!

2005年6月8日/FABC-009/ ¥2,100(税込)
全13曲収録(日本盤のみボーナストラック2曲収録)
※解説・歌詞・対訳付

メランコリック発シンフォニック経由! TRIPLE CROWNが放つ最終兵器A・T・A・L!
70年代のプログレの創造性、80年代のC-86ムーブメントの静かな情熱、
90年代UKバンド以上にブリティシュなメロディ、そして天使の歌声・・・。またEMOシーンの新たな扉が開く!


1.break blossom 2.96 heartbeats
3.silhouettes/sihouettin 4.the carousel
5.acrobat 6.why we cry at movies
7.if I’m not out burning 8.my glowing morning
9.a ghost in drag 10.a ghost in drag
11.goodnite, noises eve 12.deep sleeper *(bonus track for Japan only)
13.if i'm not out burning*(bonus track for Japan only)